読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜13.みるく by Chatters-青山学院大学

 13番目は青山学院大学のみるく by Chattersであった。このチームは第3回では「Chatters」としてチアダンス譲りのセクシーな演技を、第4回大会では「Ribbon by Chatters」という名前で、女子大生らしさ満載の演技をそれぞれ行っていたのだが、今回新たに名義変えをして、1年生5人で参加することとなった。

(参考:第4回予選第4回敗者復活戦)

 
(セットリスト)

1.無限大少女∀(Cheeky Parade)

2.行くぜ、怪盗少女(ももいろクローバーZ)

3.北川謙二(NMB48)

4.大声ダイヤモンド(AKB48)

 


セットリストは事前公開であった。しかし、ユニドルで盛り上がる傾向がある「無限大少女∀」や定番曲である「行くぜ、怪盗少女!」、「大声ダイヤモンド」などと見どころはあった。部分的には以下の箇所が印象的であった。

 

・「無限大少女∀」では手足をしっかりと開いて、ダンスの所々に「やってみせるぞ」という意気込みが感じられた。
・「行くぜ、怪盗少女!」はメンバーの息がぴったりと合っていただけでなく、「狙い撃ち!」の部分で見せ場を上手く作っていたのが印象的であった。
・「北川謙二」では、演者がサイリウムを振りかざした上で、放り投げるパフォーマンスがユニークであった。

・「大声ダイヤモンド」では定番曲をトリだけに思い切って演技しており、上手くセットリストを締めていたように思えた。

・しかしながら、この時生じた音響設備の不良により、セットリスト全てを通して、盛り上がりが半減していたのが不憫ならなかった。

 このチームは前回とは打って変わって、1年生特有の初々しさと威勢の良さを以って、乗り込んだ。故に、様々な事情によりその良さが半減したのがとても気の毒であった。それ故に敗者復活戦で改めて見てみたい。