読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015夏ユニドル敗者復活1:℃hurryz(中央大学)

敗者復活戦の栄えあるトップバッターは中央大学の℃hurryz(チュリーズ)であった。

このチームはユニドル初の中央大学のチームであったが、予選で見た時はパフォーマンスの激しさや背景映像とパフォーマンスのシンクロの巧妙さもあり、「ひょっとしてここが予選通過か?」とポテンシャルが感じられたチームであった。

【セットリスト】(事前公開済)
1.アジアンセレブレイション(Berryz工房)
2.愛おしくてごめんね(カントリーガールズ)
3.有頂天LOVE(スマイレージ)
4.摩天楼ショー(モーニング娘。)

(衣装)
予選と同じ色別帯・パニエ+白色ワンピ

【公演内容】
・1曲目はイントロのみで、2曲目からのパフォーマンスであったが、2曲目は野原でのびのびと演技している映像、3曲目はカラオケボックスでの映像ということで背景映像に手作り感がありました。また、映像の全てに歌詞がついており、「知らない人でも盛り上がれる」ようにしていたのが良心的でした。

・ただ、背景映像やセトリの構成が上手い一方でパフォーマンス面で物足りなさを感じました。


【まとめ】

ユニドル初の中央大学のチームということで臨んだユニドルでしたが、予選・敗者復活戦ともにセットリストにハロプロの定番曲をちりばめており、「ハロプロをあまり知らない人でもディープなハロオタでも楽しめる」ような感じでした。

また、背景映像も予選・敗者復活戦ともに"手作り感"があり、かなり好印象でした。

今度出るときにはどのような形になるかが楽しみである。