読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015夏ユニドル本戦10:ぱんぴぃ's(法政大学)

10番目は法政大学のぱんぴぃ'sであった。

 昨年のユニドルフレッシュから参戦したこのチームは初の本大会であった2014-15冬ユニドルで予選2部3位で通過した。その要因は「演技における"爆発力"」であった。

 ひとたびセットリストが始まると勢い良く最後まで突き進むその"爆発力"は今大会の予選でも健在であり、予選2部を3位で通過した。

 それゆえに、その"爆発力"で上位に食い込めるかどうかが気がかりであった。

【セットリスト】(事前公開)
1.ステルス部会25:00(夢みるアドレセンス)
2.What is LOVE?(モーニング娘。'14)
3.ザ・ティッシュ~とまらない青春~ (私立恵比寿中学)
4.オキドキ(SKE48)
5.ザ・ピース(モーニング娘。)

(衣装)
予選と同じピンクまたは水色のメタリックカラーのスカート+メタリックオレンジの帯がついたシャツ

【公演内容】
・1曲目の前に今までの功績をまとめた背景映像をバックに前振りのダンスを行なったのだが、曲目が始まってもいないのに、盛り上がりに富んでいた。

・1曲目ではエグザイルのChou Choo trainさながらに「一列になって上半身を大きく回す」場面が見せ場であった。

・2曲目は今まで多くのグループが演じていたものなのだが、それらのグループよりも数段上の完成度であり、特段サビの部分で観客を魅了させているように見えた。

・3曲目はポケットティッシュのプレゼントパフォーマンスが演者サイドからあったものの、観客サイドでも持ち込みのティッシュをばらまくという熱狂ぶりがあったため、このセットリストの中で一番の盛り上がりであった。

・ただ、個人的に思い入れのある4曲目は演目全体の雰囲気に圧倒され、3曲目以上に強い印象を抱いた。

・トリの曲は今までの4曲をこなした後なのか、リラックスした気分で望んでいた。また、背景画像のクオリティーが映画さながらであった。

【まとめ】
 このチームはユニドルフレッシュから参戦して、前回で2部3位通過を果たしてから勢いに乗ったチームであった。そして、その要因となった「爆発力」は本戦でも健在であり、今回は軒並みの強豪を抑えての4位に輝いた。

 それゆえに、今度参加する時は必ずや優勝争いに食い込むであろう。