読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015ユニドルフレッシュ2.Mynority's(早稲田大学)

 2番目は直近の夏大会予選に6チームを輩出し、通算でも総合優勝を2回果たしているユニドル王国早稲田大学からの唯一の参加であったMynority's(マイノリティーズ)であった。

 このチームはまきさん(イメージカラー:ピンク)とみずきさん(イメージカラー:青)の2人組ということもあって、「2人しかいないけど、個性を活かして最大限輝きたい」という旨でこのチーム名を名付けた。

 今回は1,2名での参加チームが3チーム(Mynority's,Twinky's,立教大学アイドル研究会)とあり、大人数が有利とされているユニドルでどのような軌跡を残すかが気になった。

 加えて、まきさんは「百合坂46」という乃木坂46のコピーユニットに属しており、そこから今回のパフォーマンスにいかなる要素を取り入れるかも楽しみであった。

【セットリスト】

1.そこそこプレミアム/チームしゃちほこ

2.ギンガムチェック/AKB48

3.START DASH/μ's

4.ハイタテキ!/私立恵比寿中学

(衣装)

 白地にイメージカラーのチェックのワンピース

【公演概要】

・今大会では唯一μ'sをセットリストに取り入れていただけでなく、埼玉県立大学Maybeが2014-15冬の予選で1曲目で披露し、審査員票2位を獲得したハイタテキ!も披露した。

・2曲目では観客へのプレゼントの演出もあった。

・まきさんはもともとコピーダンスをたしなんでいるせいか、手さばきが巧妙であった。

・最初はピンクのまきさんが元気に演技するのを、青のみずきさんが冷静にこなすことで引き立てていくという構図であるように思われた。しかし、セットリストが進むに連れて、徐々に青のみずきさんが所々で見せ場を作って、ピンクのまきさんに追いついていき、最後には二人で観客に自らの存在を主体的に訴えていた。

・特段、3曲目では原曲の「ほのうみ(高坂穂乃果園田海未)」みたく、元気いっぱいなまきさんと、冷静なみずきさんという構成が上手く生きていたように感じられた。

【まとめ】

 ピンクのまきさんは結果発表時のコメントで「高校の頃からユニドルにあこがれていて、ユニットを友人と組んでの念願の出場であった。」という旨を述べた。

 残念なことに、「今回で最初で最後」ということであり、念願の出場でありながらも"一期一会"であったが、「2人しかいないけど、個性を活かして最大限輝きたい」という彼女たちのメッセージはうまく観客サイドへと行き届いていた。

 このようなチームがこれからのユニドルでも見れることを個人的に願うばかりである。