読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015ユニドルフレッシュ6.winK♡(北里大学)

6チーム目は北里大学winK♡であった。

 このチームは昨年度のユニドルフレッシュにおいて3位を獲得してから、弾みをつけて、直後の2014-15冬ユニドルでは予選2部を2位で通過した。そして、直近の夏大会では敗者復活戦に回ることになったものの、圧倒的な実力で見事1位通過を果たした。(参考:2015夏予選2015夏本戦)

 このチームの魅力はなんといっても「世代ごとに路線が異なる」ことである。

 2014夏大会で現在の3・4年生が新体操顔負けの「形状の美しい」パフォーマンスを見せた(参考:2014夏予選2014夏本戦)と思いきや、直後の第1回ユニドルフレッシュでは現在の2年生が「可愛さ100倍」のアイドルらしさ満載のパフォーマンスを行なった。

 そして、直近の夏大会ではステージ空間を最大限に利用したり、はたまた組み体操のピラミッドで首を上下に降るギミックのようなフィジカルの高さを示したりしており、トムボーイズに見られるフィジカルが極地にまで達したがゆえの「戦闘力の高さ」も顕在される様になった。

 そんなチームの1年生だけのパフォーマンスがどのような路線を踏んでいくかに注目した。

【セットリスト】(twitterで事前公開)

1.桃色スパークリング(℃-ute)

2.初恋ダッシュ(渡り廊下走り隊)

3.ショートカット(スマイレージ)

4.ウィンクは3回(HKT48)

(衣装)

紺色のチロルワンピース+色別パニエ 

【公演概要】

・セットリストは"沸き曲"やフィジカル面が求められる曲ではなく、キュートな側面のある曲で組み立てられていた。

・演技面では2曲目の指差しのレスが秀逸であった。

・後半2曲は上手くメンバー間のシンクロが出来ていた。

・緑のメンバーと黄色のメンバーが演技面で目立っていた。

【まとめ】

 見るたびに路線が異なっており、その路線の変幻自在ぶりが見せ所であるのがこのチームであるが、今回はセットリストの構成や衣装も相まってか、かつての埼玉県立大学のMaybeのような「ほんわか・優しい」路線のように思えた。

 その路線は昨年度3位を勝ち取った時のような「可愛さ100倍」の路線に近いのだが、そこにあった主張の強さが取れて、適度で口当たりのよい感じであった。

 今回は入賞を逃したものの、「前回大会の敗者復活戦トップが次回大会で好成績を残す」ということも囁かれている中で、冬の大会でどのようなものを見せてくれるかが待ち遠しい。