読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015ユニドルフレッシュ12.立教大学アイドル研究会(立教大学)

12番目は立教大学アイドル研究会であった。

 このチームは第4回から参加している。今回は毎回おなじみであったゆうかりんさん・ありえるさんを筆頭とする3年生が引退した後では初めてのユニドルであった。

 加えて、1年生2人組ということで、早稲田大学Mynority's(2人組)、N大学twinky's(ソロ)と1,2人での出場がこのチーム含め3チームいる今回の大会においてどのような印象をもたらすかが注目点であった。

  (参考:2014夏予選2014夏敗者復活戦2014-15冬予選2015夏予選2015夏敗者復活戦)

【セットリスト】(twitterで事前公開)

1.Two Roses (SKE48)

2.てもでもの涙(AKB48)

3.わるきー(NMB48渡辺美優紀)

4.アボガドじゃね~し(AKB48)

5.わがままな流れ星(AKB48チームK)

(衣装)

 1人が白地の衣装+赤リボン、1人が黒地の衣装

【公演概要】

・2人組だけにセットリストは「2人組の楽曲」で固めていた。

・1曲目は「カクカクしたダンス(テンポごとに動作を繋げずに区切るダンス。)」が往年のデュオアイドルであるWinkを彷彿させた。

・2曲目ではレーザーの演出があり、物憂げな曲の雰囲気も上手く表現していた。

・3曲目ではプレゼントパフォーマンスがあり、黒のメンバーが「暗い衣装なのに明るい雰囲気」を見せていた。

・2,3曲目とトリの間を4曲目で上手くつなげたためか、トリでは上手く着地点をつけていたように思えた。

【まとめ】

 普段は5~6人で参加していたチームであったのだが、今回は打って変わって2人組での参加であった。

 飾り気もなく、シンプルな「白と黒」というコンセプトで淡々と行うというパフォーマンスは大規模化・大人数化が進む中で、そのアンチテーゼとして機能していたようであったためか、今まで見ていた人にも初めて見る人にも新鮮であったように思えた。

 それ故に「オンディーヌ賞」という審査員特別賞という結果につながり、今後に弾みをつけたとも言える。

 冬大会の参加についてはどうなるかわからないのだが、今後学園祭などで見られるので、どのようにファンを獲得するのかが気になる。