読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユニドル2015-16winter決勝5.四女革命(明治大学)

 5チーム目は明治大学の四女革命(しかばねレボリューション、通称:しかレボ)であった。このチームは前回大会で敗者復活戦3位通過のna-nam(参考1,参考2)の母体サークルの4年生有志で第2回freshの為に結成され、na-namのメンバーも関わっている。

 今回の予選3部ではキャンホリやぱんぴぃ'sといった予選突破の常連を抑えて、審査員順位1位(総合3位)で突破した。

 今回は正真正銘のラストユニドルだけあって、「四女でも頑張れる!」という風に入賞出来るかが気になっていた。

(セットリスト:ヒントのみ公開)

1.ドンデンガエシ(アンジュルム)

2.GAGAGA(SDN48)

3.大器晩成(アンジュルム)

4.みかん(モーニング娘。)

(衣装)

1曲目のみ:和柄のワンピース

それ以外:メタリックカラーのブラ+黒色のブラ

(映像:製作者であるはいつ氏(@hi0113tz)からの許可を受けて掲載しております。)

 ダンスサークルで長い間ダンスに親しんでいたためか、1曲目からメンバー間のリズムの合わせ方が秀逸であった。そのリズムの合わせ方は2曲目でも継続しており、ダンスの一体感を作り出していた。

 3曲目は「観客の声援とジャンプで大樹が成長する」という演出の背景映像で観客に盛り上がりを促しているようであった。

 そのためか、3曲目を踏まえて行われた4曲目においては、「大樹が成長したら、みかんが成った」という観客の盛り上がりが最高潮に達していた。

 史上初と言っても良かった「4年生のみで結成されたチーム」であったが、3年生以下が主体となっている他チームに負けじ劣らじの魅力を出しており、ダンスの熟練度もあってか、とても見応えがあった。

 このチームのように来年も「四女でも頑張れる」というチームが出てくるのが楽しみである。