読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【3位】ユニドル2015-16winter決勝15.Candy holic(大妻女子大学)

 15チーム目は大妻女子大学のCandy holic(通称:キャンホリ)であった。このチームは初参加であった第1回freshにおいて準優勝を飾った。(参考)

 そして、前回大会においては、リーダーのももこさんの迫真のボイスパフォーマンスや統制の取れたダンスが功を奏したためか、1部1位通過を遂げた。(参考1,参考2)

 しかし、前回大会では1位通過こそしたものの、トップ3並びに企業賞の受賞を逃したため、その雪辱を果たすために臨んだ今回大会では、既存メンバーと同等またはそれ以上の魅力を持つ新メンバー(ちあきゃん、りりさの1年生コンビ)の追加や様々なイベントでの場数を踏まえた結果、3部でトップ通過を果たした。

(セットリスト:ヒントのみ公開)

1.愛はいつも君の中に(Berryz工房)

2.出すぎた杭は打たれない(アンジュルム)

3.12秒(HKT48)

4.チィキィファイター(Cheeky Parade)

(衣装)
金色のベスト+銀色のブラ+白色のパニエ

(映像:製作者であるはいつ氏(@hi0113tz)からの許可を受けて掲載しております。)

 セットリスト終始通じて、メンバーのダンスのフォーメーションのシンクロ並びにダンスにおける手さばきが秀逸だった。

 まず、「圧倒的王者感」と事前に紹介していた1曲目では、シリアスな曲調を華麗にこなし、「優勝への意気込み」を見せつけており、特段短大に在籍している為に今回がラストであったかこさんの存在感が絶妙であった。

 また、今後のキャンホリを見通す良い資料となったのが3曲目であり、1年生メンバーであるちあきゃんさんが「可愛い曲調」とマッチして、突出した存在感を出していたのが印象的であった。

 そして、最後はユニドルの定番"チキパ曲"の中でもトップクラスに盛り上がる「チィキィファイター」であったのだが、チームオリジナルの振付とリーダーのももこさんの迫力あるラップパフォーマンスで勢い良く始まった後、まるで機械仕掛けの人形のように統制が取れて、無駄のないダンスパフォーマンスを終始観客に見せつけていた。

 このチームはわせ女なんて呼ばないでの活躍に刺激を受けた高校の同級生有志によって結成され、大学の名義こそ「大妻女子大学」となっているものの、様々な大学の学生から構成される「インカレユニドル」である。

 「インカレユニドル」だけあってか、大学のオタサークルや生徒数といったものになかなか頼ることができない中で、イベントの場数やSNSでの積極的な発信を経て、根強いファンを生み出しつつある。

 そのためか、ファンが登壇前から真剣な面持ちで登場を待機しており、結果も総合3位でありつつも、観客投票の順位は1位であった。

 メンバーの大半が高校の同級生というだけあってか、今度の夏でラストユニドルとなる可能性が高いが、今度こそ優勝をつかめるのかが楽しみである。