読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015夏ユニドル:kimowota7(法政大学)

 敗者復活戦8番目並びに敗者復活戦2位通過枠で本戦の5番目に演技したのは法政大学のkimowota7(キモオタセブン)であった。

 このチームは第1回の準優勝チームでもあり、前回は敗者復活戦を第2位通過しており、今回も敗者復活戦の有力候補といえた。

 アイドルサークルの有志で結成されただけあって、「オタ目線」でのセットリストやフォーメーションの構築がしっかりとしているのが特色である。

【セットリスト】

(メンバーさん直々に情報を提供し、不明確な部分を正しました。ありがとうございました。)
(敗者復活戦)
1.純情マリオネット(夢みるアドレセンス/シークレット曲)
2.悲しみキャリブレーション(妄想キャリブレーション)
3.花道!!ア~ンビシャス(SUPER☆GiRLS)

(本戦)
1.青春クロニクル(バクステ外神田一丁目)
2.ウインクは3回(HKT48)
3.制服恋物語/(アイドルカレッジ)
4.GO!!MY WISH!!(愛乙女☆DOLL)

(衣装)
メタリックピンクのジャンパー+腰に造花のバラを付けた白いワンピース
(本戦の3・4曲目はジャンパーを外して演技)

【公演内容】
・敗者復活戦・本戦ともに「見せ場」がしっかりと出来ていたセットリストであった。

特段、
・敗者復活戦の2曲目において観客サイドから「曲のコール」のカンペが差し出され、観客サイドの盛り上がりが高揚していた部分。
・本戦3曲目でメンバー全員が一体感を作り出していた部分。
・本戦4曲目の落ちサビでリーダーのまりぃなさんを立てていた部分
で見せ場を作っていたように感じられた。

・また個々のメンバーを見ると、副リーダーのびどみさんや新メンバーのそのこさんといったリーダー以外のメンバーの存在感が増していたのも印象的であった。

【まとめ】
 予選突破の常連であった北里winK♡に次ぐ突破有力候補とされていたが、案の定敗者復活戦を2位通過して、決勝に駒を進めることとなった。

 予選を見ていた時には、リーダーのまりぃなさん以外のメンバーの存在感が薄れていて、あまり注目しにくかったものの、他のメンバーの存在感が今まで以上に増していたのが印象的であった。

 おそらく次回も出ると思われるので、次回では更に存在感の増した姿を見てみたいと思う。