読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユニドル2015-16winter敗者復活戦3.pop affection(玉川大学)

 敗者復活戦の3チーム目は玉川大学のpop affection(通称:ポップちゃん)であった。このチームは芸術系の学部の学生で構成されているせいか、演出や構成が毎回独創性に富んでいるチームであり、今回は史上初の「1曲のみ」セットリストで臨むこととなった。

 (セットリスト:事前公開)

1.Cheeky Dreamer(Cheeky Parade)

(衣装)パステルカラーの色別パニエ+白色のドレス+白色のブーツ

(映像:製作者であるはいつ氏(@hi0113tz)からの許可を受けて掲載しております。)

 あらかじめ「1曲のみ」のセットリストということを告知していたので、どのようなパフォーマンスを見せるかが気になってはいたのだが、「1曲をフルで」パフォーマンスするセットリストであった。

 ユニドルではセットリストの楽曲をいかにうまく組み合わせて、ひとつの物語を構成するかというのも注目点なのだが、そうなると制限時間の都合上一つ一つの曲に割ける時間帯が限られ、曲の見せ場がカットされることもしばしばである。

 そんな中で「1曲をフルで」パフォーマンスするのはその曲に愛着のある人にとっては最高のセットリストになるので、参考に値するものであった。

 その1曲がユニドルでも数多くパフォーマンスしていたCheeky Dreamerであったためか、観客も情熱を注いだ。そして、1曲に全力を注いだためか、演者さんも曲の歌詞や表現をダンスでうまく表現することに注力を注げたように見えた。

 今後このような"1曲入魂"のセットリストをこなすチームがいるかどうかはわからないが、何か思い入れのある曲があるユニドルには大変参考になる演目であった。