読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昼10.ももキュン-早稲田大学

昼の部10番目は早稲田大学所沢キャンパスのももキュンであった。このチームはunidol freshのトップバッターであったのだが、9nineや仮面女子のアリス十番、愛媛のロコドルであるひめキュンフルーツ缶といったあまりユニドルではやらないチームの楽曲を演技した。(参考:2014fresh)

 

(セットリスト)

1.気まぐれプリンセス(モーニング娘。)

2.同じ時給で働く友達の美人ママ(スマイレージ)

(ももいろクローバー overtureを間奏に)

3.猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」

 

セットリストは最後の曲のみ非公開であった。ただ、出だしに「気まぐれプリンセス」というセットリストは個人的に思い入れのある第3回本選の上智大学SPHを彷彿させた。気になったのは以下の箇所であった。


・ロゴ付きのオリジナルのPVで登壇した。ももをかたどったロゴはとても躍動感があった。

・「気まぐれプリンセス」はカルチャーショックを受けたSPHの演技に比べると、ダンスの洗練度はSPH程ではないが、白色のドレスで演じており、「お姫様」というコンセプトをSPHよりも上手く表現していた。

・「同じ時給で働く美人ママ」ではダンスに激しさがあっただけでなく、PVに本選出場への意気込みが感じられた。

・3曲目の前にももクロのovertureとともに、色別のスパンコールブラとフリルという衣装で衣替えしたという演出は上手く3曲目に繋げられていたように思われる。

・「第7楽章」ではコールを観客に呼びかけるPVとともに、途中で色別の旗をメンバー各々が振るという演出があり、本選出場への力強い意志が見られた。

 unidol freshとは打って変って、今回このチームはユニドルでも他チームがやった経験のある楽曲で乗り込んだ。このチームは敗者復活戦に回ることになったが、どのような曲目で挑むかが気になる。