読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015ユニドルフレッシュ11.twinky's(N大学)

11番目はN大学のtwinky'sであった。

 このチームは体育大学ゆえの抜群のフィジカルと"沸き曲"主体のセットリストで観客を沸かせている。(参考:2014-15冬予選2015夏予選2015夏本戦)

 しかし、日々熾烈化しているためか、予選突破も未だ達成しておらず、「いつかは悲願の本戦!」と待ち望まれているチームである。

 今回は学年の都合上メンバーのまいまいさん1人での公演であるが、「ソロでの公演」というのは

-第3回本戦のIDOL IS NOT DEADさん
-第5回敗者復活戦の立木きゃりーんちゃんさん、ユナイレージよーこまるさん
-第1回ハイドル王者のかほさん

と、結果の良し悪しにかかわらず「観客に強烈な印象を刻みつけた」前例があった。しかし、大会自体の規模が拡大するに連れて、大人数有利な現状が進んでいる近況において「ソロでもうまくいくか?」ということに注目していた。

【セットリスト】
1.それでも好きだよ/指原莉乃

2.ね~え/松浦亜弥

3.シンクロときめき/渡辺麻友

4.だってあーりんなんだもん/佐々木彩夏

(衣装)

 白地にラベンダー色のフリルのワンピース

【公演概要】

・ソロということもあって、ユニドルではあまりない「ソロ曲で固めたセットリスト」であった。

・そして、ソロ曲かつ生歌であり、衣装の雰囲気も相まってか終始「アイドルコンサート」のようであった。

・1曲目からステージを飛び回るように演技し、観客に訴えかけていた。

【まとめ】

 今回のTwinky'sはかねてからの「体育会系路線」とは打って変わって、「可愛いアイドル路線」であった。

 その路線の変更と「ソロ・生歌」という演目から今大会では「異色」な存在であるように思えた。

 しかし、「Twinky'sまいまい」という存在を観客に知らしめるには効果的であったように見えた。

 先ほど行われたTwitter企画の結果、見事冬季でもユニドルに参加することとなったそうなので、今度は「体育会系のTwinky's」と「"可愛い"もやれるTwinky's」のすり合わせがどのようなものになるのかが気になる。